タグ:TOPEAK MICRO ROCKET AL MASTER ( 2 ) タグの人気記事

演習!パンク修理!

それなりにroadbike用具は用意したものの、作業できなきゃ意味ないので、パンク修理(チューブ交換)の演習をしてみました。


b0153871_17531429.jpg
「うぉっ!パンクしちまったぜぇ(@_@;)」・・・という設定です。
演習用に前輪の空気を意図的に抜いただけなのでご心配なく。


b0153871_1753239.jpg
作業し易いようにホイールをフレームから外します。
ママチャリと違って簡単にホイール外れるって便利ですねw
先ずはタイヤレバーの先端をタイヤ側面とリムの間に挿入します。
使用したのはPARKTOOLタイヤレバーTL-1
差し込んだタイヤレバーをテコのように使って、ビード(タイヤの側端、リム内に収まってる部分)をリムの外へ出します。
反対側フック状になっている方はスポークへ引っ掛けてレバーを固定します。
写真奥は実際にビードを出してレバーを固定した状態。
手前は差している先端が見えるように置いているだけです。


b0153871_17533187.jpg
ビードが硬くてレバー1本で引き出し難い場合は、2本使用すると、比較的楽に作業できる?のかな?
私の場合は1本で大丈夫でした。


b0153871_17534341.jpg
ビードの一部を引き出した後は、レバーを指しながらリムに沿って回していくとビードを完全にリムの外へ出せます。
チューブを外す時は、バルブ(チューブに付いてる空気を入れる金具)の対角側から引っ張り出すと、外しやすいです。
で、最後にバルブを抜きます。
写真ではタイヤも完全に外れてますが、チューブ交換にタイヤを完全に外す必要はありませんね(汗
ビード片側を外へ出せば、チューブ交換はできたのにね。


↑ ここまでが、パンクしたチューブを外す作業です。
----------------------------------------------------------------
↓ ここからが、新しいチューブに交換する作業です。
b0153871_175352100.jpg
外す時と逆に、バルブを先ず差し込みます。
ちなみに、リムの外に見える白いのがリムフラップというもの。
スポーク穴などでチューブを傷つけない工夫ですね。
私は初めて見ましたw


b0153871_1754124.jpg
バルブを入れたら、ここで少し空気を少し空気を入れておきます。
もちろんフル充填は不要w
空気が入ってないと、チューブが中でよじれたり、ビードとリムの間に挟まったりするのを防ぐ意味があります。
そんな状態で無理に空気入れたりすると・・・・パッーンッ!破裂ですね。


b0153871_17541066.jpg
チューブを全てタイヤの内側へ入れます。
写真で裏側のビードはリムに収まってますが、写真で手前側はまだリムに入ってません。
写真では見難いですね(汗


b0153871_17542040.jpg
チューブの次は、残った片側のビードをリム内に戻します。
最後は突っ張って入れにくいですが、フガッと一踏ん張り(滝汗
全部入った後は、チューブがよじれや挟まったりしてないかを全体を慣らしながら確認します。
写真では、ビードがチューブをかんでないか確認しています。
こんな感じでリムフラップしか見えてなければ、大丈夫。
もし、チューブがチラミしてたら容赦なくタイヤ内に収めます。
両側を1周ずつ。
念には念を入れて!


b0153871_17543115.jpg
タイヤまではまれば後はポンピング。
想定は外出先でのパンクなので、ここでは携帯用ポンプ使って入れてみました。
TOPEAK MICRO ROCKET AL MASTER BLASTER
普通パンクっつったら出先で突然でしょw

この携帯ポンプ、圧が上がるとそれなりに力が要りますが、根気よくシュコシュコポンピングすればとりあえず空気は入っていきます。
30分ほどシュコシュコして、手でタイヤを触った感じですけど、
「多分こんだけ入れれば、とりあえずは走れんじゃねぇ?」
ぐらいまで、空気は入れれました。
エアゲージを持ってないのでどのくらいの圧まで入れれたかわかりませんが(汗
このタイヤの適正圧110PPSには程遠いかもしれません。
この携帯ポンプ、今回初めて使用したのですが、応急用としては十分使えるかなぁ。
何より小さくて超軽いのがイイ。
緊急時は、ある程度空気入れば、自転車屋さん探してちゃんと入れさせてもらおうw

空気さえ入れば、後はフレームにホイール戻して、パンク修理演習は終了。
お疲れ!
っとここで終わるはずが・・・やっちまった!
作業を終えてから気付いたんやけど、フロントとリアタイヤのトレッドパターン(路面と接する凸凹)がやん!
「なんでぇ~!?」
ことの発端は、私のいらんことしぃ。
チューブ交換なので、タイヤ全部をリムから外す必要もなかったが、好奇心で外してしまいた。
そのため、タイヤを戻す時に、タイヤの向きを考える必要があったのですが、全く意識してなかった。
要するにタイヤをリムにはめる向きが全くだったというダケですw
普通タイヤに向きが書いてあったりするらしいけど、無い場合は、メーカーロゴがある方が走行方向に向かって右(チェーンがつく側)らしい。
誤った私のは無情にもトレッドパターンは、メーカーロゴも左側でした。
ちゅう訳でタイヤはめ直しの刑・・・全く持ってバカちん。
良い子の皆さんは真似しないでね。

2度と同じ失敗はしないぞw!


[PR]

by atsufly | 2008-09-27 15:35 | RoadBike

安心Tools

Bikeを安心して乗れるように取りあえずそろえたTool類をご紹介します。
ちなみにワイヤーロック以外は、今のところ使ったことありませんw
b0153871_0505263.jpg
安心その1
やっぱり、大事な愛車守んなきゃ!っちゅうことで、ワイヤーロックです。
YPKDOUBLE LOOP LOCK CAFE1.2
CAFEシリーズは、Black, White, Red, OliveGreenの4色から選べて中々お洒落。
私の場合、欲しかったダイヤル式はBlackしか置いてなかったんでBlackにしましたけど、
Redなんかは、Lock!って感じが目立ってええ感じw
カギ式だとカギを持ち歩かないといけないんで絶対なくす。
ダイヤル式は、暗くなると数字も見難いけど、どのラインで数字合わせてええんか見えん
メーカーさん改良してくれw

b0153871_0512100.jpg
こんな感じで、2つの輪をかける事で盗難から守ってくれます。
1.2mでも通常の2mワイヤー分の長さをとめられます!というのがこの製品の売り。
写真は、空気入れが電柱とか動かせない柱を想定した感じ。
実際使い勝手ええと思います。

b0153871_0514174.jpg
安心その2
パンク!
パンクしたら、応急処置は修理よりもとりあえずはチューブ交換でしょ?
交換用チューブNational CYCLE TUBEと携帯用ポンプ。
チューブの大きさは私の23Cと妻の25Cが共用できる700x23C~26C
一緒にツーリングして、仲良くパンク!なんてこたぁねぇ・・・よね

b0153871_0522767.jpg
ポンプはTOPEAK MICRO ROCKET AL MASTER BLASTER
プレスタ(仏式)のみ対応の口と最大160psiまで充填可能って事になってるけど・・・
こんだけしか延びねえってこたぁ、こんだけずつしか空気入らねぇ・・・
フルで入れたら手首が死ぬな。
まあ、万が一の保険って事と起こっても応急処置ってことでで良しとしてます。
出番がないことを祈る!


b0153871_052106.jpg
安心その3
パンクだけやなく最低限のレンチ類の工具は携帯要るよね。
TOPEAK TOOL BAR 11Tools
ほぼ同じ大きさの携帯工具と空気入れ。


b0153871_0523973.jpg
うまい具合に、工具収めたもんやねぇ。
感心してしまいます。
一応、以下のものがまとめられてます。
・キーレンチ:2、2.5、3、4、5、6mm
・ディスクブレーキ用 T25 "Torx"レンチ
・+/-ドライバー
・タイヤレバー(2本)
でも、本体内に収められるヘッドパーツのは5つのみで、4つのパーツはキーホルダーっぽく別納。
これって1つにできたんや・・・ないの?
微妙に中途半端w
メーカーさん、後1歩がんばれw
ちなみに、これも応急用って事で、自宅用には昔から使ってる工具類がありますョ


あ、携帯するにもバッグ要るなw
でも、しばらくあるもんウェストバッグ使うか。
[PR]

by atsufly | 2008-09-11 01:08 | RoadBike