タグ:ランス・アームストロング ( 2 ) タグの人気記事

海辺のポタ練

もう、11月も終わり、来週月曜からは師匠も走りまわる師走
早いもんですねぇ
こちら千葉でも日の暮れた後の寒さが、冬の到来を感じさせてくれます。

そういえば昨日、ランス・アームストロングの逸話が紹介されてましたね。
たまたまチャンネルを変えてたら、放送されてたのでどの局のなんて番組かわかりませんけど。
ランスと同じくして小児癌にかかった少女
その少女は、癌の再発に苦しむ。
再発の恐怖を拭い去れないランスが、逆にその癌と闘う少女から、再度ロードレースで闘う勇気を得てツールで優勝するというのがあらすじ
彼の著書「It's not about bike」を読んだ後だったので、なんか見入ってしまいました。
美談というだけでは語れない事もたくさんあったのだろうなぁとも。
こうして、自転車に乗れる程健康というだけでも、幸せな事なんですね。

今日も妻と近隣をポタリング
私は、もうすぐエンデューロレース初参加が迫って来てるので、トレーニングも兼ねます。
そのため、私のペースで走ると、妻はどんどん引き離されてしまいます。
だいぶロードバイクや、ビンディングシューズにも慣れてきたので、なるべく回転数を一定で30km前後で走るように心掛けました。
海辺のコースは気持ちいいけど、逆風になると風をそのまま受けるので案外大変です。
b0153871_17333584.jpg

予め、走るコースはお互いわかってるので、私が先に行っては、ある程度のところで妻を待つって事を何回か繰り返し、30km程走ったとこで今日は終了
いつもながらの風景
今日はそこそこ風があったので、ウィンドサーフィンしてる人がたくさんいました。
妻には後光が射しますw
b0153871_17321085.jpg

海へ流れる川沿い
水と光は、時にすごく神秘的に感じたりすることがあります。
b0153871_17353367.jpg

まあ、短期間で劇的に何かが変わる訳はないのですが、取りあえずは、普通に?は走れるようにはなってきたのかな?
後は集団の中で上手く走れるかってとこが1番の心配ですが、それも今回のレース参加で経験させてもらおうって気構えで、気楽にいきます。
[PR]

by atsufly | 2008-11-29 17:48 | RoadBike Touring

It’s not about the Bike

"It’s not about the Bike"、ほんとにBikeの話ではなかった。
(邦題は"ただマイヨ・ジョーヌのためでなく ")
ランス・アームストロング、ツール・ド・フランスで7連覇を飾ったアメリカ人としては、超有名人
しかし、自転車に関心のなかった私はロードバイクに関心を持つようになるまで、恥ずかしながら、彼の事を知りもしませんでした。
また、今回その彼の著書なので、読む前は"not"ではなく"It's about the bike"かと思ってました。

しかし・・・
末期癌という致命的とも思われる病気と正に”闘い”、自己を取り戻すまでの事実
自身認めたくなくなるような弱さやもろさを正直に打ち明け、そして受け入れ、どん底と思われた人生から這い戻って来た一人の人間
人間の可能性を最大限に引き出すためにおしまない努力と、自身の弱さと闘う勇気についての強いメッセージ

内容は、良い意味で裏切られました。
また、これが特殊な事例としてではなく、自分自身を奮起させる良い機会となりそうです。
もちろん全然レベルは違いますが。

そういえば、引退していた彼は、ツール・ド・フランス復帰するようですね。
どんな活躍を見せてくれるのでしょう。
できれば、7連覇をリアルタイムで見ておきたかった私にとっては、また楽しみが増えました。
[PR]

by atsufly | 2008-11-06 17:59 | Other