<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

朝練で富士山を発見!

今日は、快晴だが、午後から風が強くなって冷え込むとのこと。
天気もいいので、やっぱりバイクに乗った。
午前中、妻はご近所さんと、何やらハーブ摘み?(詳細不明)へ出ていたので、独りでGo!
で、今日も快調に海辺を飛ばすと、何やらいつもの風景とは違う・・・ような
はたと立ち止まり、海の方へ眼をこらすと・・・
見えたぁ!
富士山やん!
思わず携帯取り出してパシャリ
でも・・・写りわっるぅっ><
しょぼい携帯カメラな上にブログ用に写真圧縮したからなぁ
写真真中やや左、水平線のちょい上に雲の残骸のように写ってるのが富士山ですw
写真真中やや右、水平線にゴチャゴチャと浮いてるようなのが、川崎、羽田あたりでしょうか?
わかりませんかね?^^;
b0153871_129817.jpg

釣り人が何本も竿出して、投げてましたよ。
何が釣れるねんやろ?
ここからも、一応富士山写ってますw
やっぱ、わかりませんね^^;
b0153871_1292075.jpg

肉眼ではもっとくっきりはっきり見えて綺麗でしたよ
普段は、もっと霞んで、まったく見えませんけど、今日はたまたま空気が澄んでたようです。
多分、気温や、富士さんとの間の東京湾の水温、太陽の角度とかが関係してるんでしょうね。
関東の人には別に珍しくもない風景かもしれませんが、関西人の私にとっては、こちらに越して来て、まともに見たのは今回が初めてのような・・・
なんだか、ちょっと得した気分
やっぱり富士山って綺麗な山やね!
[PR]

by atsufly | 2008-11-30 12:42 | RoadBike Touring

海辺のポタ練

もう、11月も終わり、来週月曜からは師匠も走りまわる師走
早いもんですねぇ
こちら千葉でも日の暮れた後の寒さが、冬の到来を感じさせてくれます。

そういえば昨日、ランス・アームストロングの逸話が紹介されてましたね。
たまたまチャンネルを変えてたら、放送されてたのでどの局のなんて番組かわかりませんけど。
ランスと同じくして小児癌にかかった少女
その少女は、癌の再発に苦しむ。
再発の恐怖を拭い去れないランスが、逆にその癌と闘う少女から、再度ロードレースで闘う勇気を得てツールで優勝するというのがあらすじ
彼の著書「It's not about bike」を読んだ後だったので、なんか見入ってしまいました。
美談というだけでは語れない事もたくさんあったのだろうなぁとも。
こうして、自転車に乗れる程健康というだけでも、幸せな事なんですね。

今日も妻と近隣をポタリング
私は、もうすぐエンデューロレース初参加が迫って来てるので、トレーニングも兼ねます。
そのため、私のペースで走ると、妻はどんどん引き離されてしまいます。
だいぶロードバイクや、ビンディングシューズにも慣れてきたので、なるべく回転数を一定で30km前後で走るように心掛けました。
海辺のコースは気持ちいいけど、逆風になると風をそのまま受けるので案外大変です。
b0153871_17333584.jpg

予め、走るコースはお互いわかってるので、私が先に行っては、ある程度のところで妻を待つって事を何回か繰り返し、30km程走ったとこで今日は終了
いつもながらの風景
今日はそこそこ風があったので、ウィンドサーフィンしてる人がたくさんいました。
妻には後光が射しますw
b0153871_17321085.jpg

海へ流れる川沿い
水と光は、時にすごく神秘的に感じたりすることがあります。
b0153871_17353367.jpg

まあ、短期間で劇的に何かが変わる訳はないのですが、取りあえずは、普通に?は走れるようにはなってきたのかな?
後は集団の中で上手く走れるかってとこが1番の心配ですが、それも今回のレース参加で経験させてもらおうって気構えで、気楽にいきます。
[PR]

by atsufly | 2008-11-29 17:48 | RoadBike Touring

近所迷惑への配慮は?

blog友達ラムさんの「衝撃吸収材レポ:固定ローラーバージョン」にTrack-backです。
最近、パクってばかりで申し訳ありません^^;

固定ローラー台を購入したのは、以前blogで書きました。
が、我が家はマンションです。
となると、下階への騒音はどうなんだろう?と気になっておりました。
一応、静粛性が高いと謳われてるミドルクラスの製品ですし、専用の防音マットも敷いてますが、やっぱりちょっと気になります。
そこで、今回購入したのは衝撃吸収素材ソルボセインと呼ばれるものです。
商品は「東急ハンズ」という生活雑貨店で購入できます。
ネットでも販売されているようですので興味のある方や近くにハンズが無い!って方は、下記URLから外部リンクしてます(アフィリエイトではありませんw)。
http://www.hands-net.jp/goods/6403-001013003

製品としては、厚さは3mmか5mmの2種類、更にそれぞれに、ハード、ソフト、片面がプチプチ加工してあるバージョンの3種類がありました。
私は、10cm×10cm角、厚さ5mmのハードを4枚購入
b0153871_2232569.jpg

ローラー台の足、4箇所に配置
b0153871_2261010.jpg

表面は粘着質というか滑りにくい感じで、案外柔らかく、加工も簡単そう。
b0153871_2214588.jpg

厚さ5mmはこんなもん。
b0153871_2217319.jpg

謳い文句は、いっちょまえ。
エネルギー吸収率94.7%だそうな。
元々は、オーディオスピーカーの下に敷いたりするらしい。
b0153871_22181597.jpg

で、実際の効果はどうなん?ってとこなんですが、どうお伝えすればいいのやら・・・
測音器で、ソルボセイン「有り」と「無し」でXXdbですとかってゆうのがわかり易いですけど、そんなの機器は持ってないし。
卵を上から落とす勇気ないし(失敗したらシバかれるし)。
コップに水を張って、音波歯ブラシで床を振動させてみたりしたんですけど、効果がはっきり見て取れるような写真は撮れませんでした。
確かに振動は吸収してましたが。
肝心のローラー台の方は、どうかというと、チェーン音とかの方が乗ってる方には耳につくんですが、低振動は確実に吸収してくれてそうです・・・と信じます。
ここまでやって、効果なしはつらすぎますから^^;
にしても、なるべく迷惑にならないような時間帯に乗ろうとは思います。
でも、やっぱり外で乗るのが一番ですよね!
[PR]

by atsufly | 2008-11-27 22:59 | RoadBike

Century-ride at 利根川 & 律儀さがアダとなる

bolg友達ラムさんのブログ「センチュリーライド@多摩CR」にtrack-backです。

彼女のblogに触発されて、私も行って参りました。
以前行った(ことになるの?)利根川、前回は時間の関係で、一瞬見ただけで帰らなければなりませんでした。
今回はリベンジと、「どうせ行くなら、行くとこまで行ったろうやないかぁ!」
センチュリーライド、100km走行に挑戦です!
正直、またまた妻の同行で、体力的に無理かなぁーとも思いつつ。
でも、今までの我が家の最長走行60kmを超えればいいかなぁ、ぐらいの感覚で出発しました。

場所は前回のコースに、往復40kmをプラスする感じ
我が家 → (車で移動) → 道の駅八千代ふるさとステーション
→ (ロードバイクで出発) → 西印幡沼北印幡沼利根川(ここまで約片道約30km)
利根川CR(ここで片道約20km分を走行) → (以下復路)
時間も、いつもは昼からですが、今日は気合を入れて、午前出発!
何回も書いてますが、ここ印幡沼CRはほんとに走り易い。
また、一度来たことのあるところなので、慣れもあってか、12時過ぎには利根川へ到着
案外あっさり30km消化
お昼ごはんにがっつく。

お昼を食べた場所、海まで66.50km地点
この距離は全く関係ありあませんw
b0153871_209883.jpg

川原で一休みのOBとLuiG
b0153871_2094330.jpg

16時に駐車場へ戻る計画で、計算上、13時頃から戻り始めれば帰れそう。
利根川CRで行けるとこまで走ろうということに。

さすがは、日本最大の流域面積、日本第二位の長さの利根川
でっかい川面も、静かで貫禄すら感じます(中流域ですけどw)。
b0153871_20132156.jpg

なんと利根川を渡ると、千葉県→茨木県へ!
自転車での県境越えも初めて
b0153871_20133725.jpg

と、ここでちょっとした屈辱的な出来事が・・・
料金所を何事もなく通過しようとした瞬間、下の写真の看板が目に入りました。
この利根川を渡る橋、実は有料
「自転車をご利用の方はこの箱に料金をお入れ下さい。」
「な、何っ!?有料とな!?」
とっさに、何を思ったか・・・「お金払わなきゃ」
止ろうとした瞬間、「し、しまった・・・足、ビンディングロックしたまま!」
ガッシャーン!
初の立ちゴケ、しかも通行料20円/人のために・・・く、屈辱的(T_T)
変な律儀さがアダとなった瞬間でした・・・
b0153871_20294364.jpg


その屈辱^^;以外は、利根川CRも、これまた快適そのものの、河原をノンストップで走ります。

写真では判りにくいかもしれませんが、河原の黒い点々、わかります?
そうです、牛が放牧されてました。
「のどかやねぇー」
b0153871_20124843.jpg


気持ち良くて、結局、+20km(片道計50km)を走り切ってしまいました。
と、ほぼ同じくして、先程の屈辱を打ち消す程の事が、もう一つ・・・
累計1000kmも達成!
b0153871_20225383.jpg

「やったどぉー!」
「OB、お前もよくやったぁ!」
b0153871_2023308.jpg


時間的にも13:30
後は、復路50kmを帰るだけです。

カマキリが「お前ら、がんばれヨ」とCRを横切りますw
b0153871_20572164.jpg

帰り、80kmを超えた辺りから、お尻と右膝がちょっとずつ痛み始めます。
それでも、サイコンの走行距離を励みに、85・・・90・・・95・・・99km・・・

そして、ついに駐車場へ着いた瞬間
100km!、センチュリーライド達成!!
b0153871_20591468.jpg

計算通りでした。
もしかしたら1,2kmずれて表示されるかもってw
その時は、近辺を帳尻合わせに走らなあかんなぁ、ともw
良かった、ちゃんと計測されて

でも、さすがに今日はかなり疲れました。
ゆっくり眠れそうです。
妻も正直ここまでやれるとは思いませんでした。
私より、自転車が重く、フラットペダルで、バイクの走行時間も私より全然少ないのに・・・
女性っていざとなるとやっぱり強いですw

センチュリーライド達成と累計1000km到達で、ちょっとした節目を迎えられた気分です。
とにかく、ここまでblogで色々アドバイスや元気を与えてくれた皆さん、つまらない私のblogを読んでいてくれた方々に感謝です。
これからもよろしくお願いいたしますyo!
[PR]

by atsufly | 2008-11-23 21:36 | RoadBike Touring

冬支度を始めなきゃ

ほんと、急に寒くなってきましたね。
こちら千葉も肌で冬の到来を感じ始めるようになってきました。
そこで、今日はロードバイクの冬支度
といっても、アウトレットで安く出ている、インナーTシャツとパンツを購入しただけですけどw
何故か、自転車用品から撤退した(の?)Nikeでばかりです。
どちらも、これだけではとても寒いのでジャケットやパンツを重ね着するつもり。
着た感じは、体にピッタリフィットして伸縮性があり、すごく動きやすいですョ

最近のスポーツウェアってすごいですね。
私が学生の頃なんて、スポーツウェアなんて綿のT-シャツにジャージぐらいしか、選択肢がなかったような^^;
今や、体温調節や快適性、機動性は当たり前で、筋力サポートや血流をコントロールして、疲労軽減・疲労回復を謳うインナーウェアなんてものもあります。
もちろん、そうゆうのは結構いい値段がするので、私には手が出ませんが。

皆さんは、お気に入りや、お勧めのスポーツウェアってありますか?

Nike-fit のT-シャツにパンツ上下
b0153871_1918745.jpg

b0153871_215430.jpg

ついでに靴下も購入
なんでも良かったんですけど、普通の靴下とどこが違うのかな?と
10,000円以上で10%引きだったんで、購入金額の調整を兼ねて(意志よわっw
b0153871_19183077.jpg

この靴下でさえも、「吸水・速乾繊維」「半永久的に消臭効果が持続Ag+」との謳い文句
ま、私の足はもともと臭くないもんねw
b0153871_19182383.jpg

[PR]

by atsufly | 2008-11-22 20:05 | RoadBike

朝ご飯がドーナツですが?何か?

今日は朝からどんよりした鉛色の空に雨
「今日は、自転車乗りに行かれへんなぁ~」とぼやきつつ、日曜の朝を自宅でまったりと過ごす事に。
朝ご飯用に食べたのがこれ、自家製ドーナツ
妻は生地を昨日の晩から仕込んでました。
トッピングは、シンプルにアイシング(砂糖を溶かして表面に固めたやつ)
揚げたてを頂きました!
b0153871_15124275.jpg
b0153871_15124927.jpg

[PR]

by atsufly | 2008-11-16 15:14 | Food/Cook

靴が片方ずつ違いますが・・・何か?特訓法

先日購入したサイクルシューズの装脱着の特訓です。
blog友達ラムさんが書かれてた練習方法をパクり参考にしました。
名づけて、「靴が片方ずつ違いますが・・・何か?特訓法」
要するにこうです。
ビンディングの難関は、やはり、両足が固定されていることによる"立ちゴケ"に対する恐怖心の払拭です。
そこで、片足は普通のスニーカー、もう片方にサイクルシューズを履いて乗る。
そして、片足ずつビンディングの装脱着の特訓
もちろん失敗しても、もう片方はスニーカー、つまりフリーなのですから怖くありません。
ナイスアイデア(私のではないですけどw)

近くの公園の広場へ行って早速実践です。
まずは、右にサイクルシューズ、左にスニーカー
地面にスニーカー側の足を下ろした状態なので
"着"は、ペダルの表面さえとらえられれば、すんなりカチリ
"脱"も、コケる心配さえなければ、ローラー台で練習してるので、問題ありません。

問題は、その逆
右にスニーカー、左にサイクルシューズ
まずは右スニーカーでペダルを漕ぎ始め、左でペダルの表面を手探りならぬ足探りでとらえながら、カチッ
"着"は、走りながらでも問題なさそうです。
そして、一番の難関、走行しながらの"脱"は・・・

上手くいきました!
やっぱり、いざとなれば、右がフリーなので"足を下ろせる安心感"が余裕を生みました。
左足を走りながら、外側へヒネってクリッと外せました。
コツは、外そうと足を無理に上へ引き上げがちになるのですが、そうではなく、足を地面に対して水平にし、そのまま外へヒネる。
感覚としては、クリートを支点に、かかとまで足ひら?全体を使ってヒネる感じが重要です。と思います。
この状態で、何回か"着""脱"を繰返して、完全に走りながらクリートを外す感覚をつかみました。

後は、左右共にサイクルシューズで、最終試練
もう怖くありません。
全く問題なく、左右共に"着""脱"できるようになりました!

サイクルシューズで実走した感じは、やはり、引き足を使えるってとこがイイ。
加速のし易さと、上りで効果を発揮する感じ。
後、ペダリング時、足の位置が固定されるので、安定してクランクを”回す”って感覚が、これまたイイ
これからクリートのより適正な位置を探らないとね。
地面を歩いた感じは、やっぱりペンギンやねw
これであんまりウロウロはできんな。
クリートカバーつけた方が歩きやすくてええんやろか?

とにもかくにも、初サイクルシューズ、初ビンディングの特訓は大成功でした!
パクらさせて情報をいただけたbolg友達、先人ラムさんに感謝です!
ありがとうございました。

小汚い格好で、失礼w
b0153871_146153.jpg

赤いシューズとOBは、マッチングぅ~
b0153871_1462211.jpg

ペダルにのせたイメージ
b0153871_1462874.jpg

[PR]

by atsufly | 2008-11-15 14:33 | RoadBike

From .com

この円高、ドル安を機にamazon.com、つまりアメリカのamazonで買い物してみました。
以前より悩んでた、というより単に欲しかったサイクルシューズと冬用グローブです。
やっぱり送料は安くはなかった、確か約$42(CDとか本ならもっと安い便が選択できるようです)
それを見込んでも、日本で買うより安くつく。
何より好奇心と物欲の神が「ポチッとな」とw
それでも、トータルで$200ちょっとで "I got them !"
物は注文からほぼ1週間で到着
早くないですか!?

サイクルシューズ Adidas 2008 adiStar tri-carbon Road Cycling shoe
色はVirtual Red
b0153871_1933531.jpg

実はこれトライアスロン用で、トランジット(履き替え)が簡単な構造になってます。
足首のベロクロテープは大きくて、外すと履き口がパックリと開きます。
通気性は抜群に良さそう。
つまり、冬は絶対寒いな^^;
b0153871_19335964.jpg

カーボンソールだ
軽量化に一役かってくれてます。
b0153871_1934640.jpg

超入門用だがペダルに付属していたSPD-SLクリートを付けてみた。
ローラー台で早速試したところ、効果の程はかなりいい感じ。
クランクがバランス良く回る感じがgood!
装着も割と簡単にカチッといった。
ただ、脱着が・・・む、むずっ!(爆汗
ローラー台で固定してなければ、確実に5回はこけてる。
足首を外側へひねれば外れるって書いてるんやけど・・・コツがいまいち。
とにかく練習するしかねぇなぁ^^;
誰か良いアドバイス求む!
b0153871_193418100.jpg

ついでに買った、Castelli 2008/9 Slide Due Full Finger Winter Cycling Gloves
名前、長っ!
要するにグローブ
色はRed/Black
バイク、シューズ、グローブと赤でまとめてみました。
b0153871_19342853.jpg

b0153871_19344233.jpg

Castelli といえばこのサソリマークが厳ついですね。
b0153871_19344987.jpg

"しばらく財布の紐はカチコチやで"(my wife said)
[PR]

by atsufly | 2008-11-11 20:13 | RoadBike

エイリアン再来

またまた、エイリアンズが八王子から再来しました(第一回来襲は「エイリアンズ」参照)。
実は、自転車を始めるきっかけになったのは、妻の妹夫婦の影響
妹夫婦がクロスバイクを購入し、「自転車って楽しいでぇ~」って誘われたのがきっかけでした。
ちなみに、義弟は通勤もそのクロスバイクTREKでするほど。
さらに、エンデューロレース参戦も、義弟と彼の知り合いでチームを組んで出場します。
今回は、我が家近くで開催される CYCLE MODE international 2008 を観に、家族全員とバイクと供に来ました。
我が家まではもちろん車でですけど。

8歳の長女は子供向け自転車スクール参加に義弟と一緒に CYCLE MODE へ
4歳の次女は、まだ小さいので、私達夫婦、義妹と一緒に自転車でポタリングがてら、近くの海辺を散歩
次女は、最近ようやく補助輪をとることができたようで、補助輪のない自転車を自慢げに見せびらかしてました。
長女はスクールだけに参加して、途中から私達と合流
義弟が CYCLE MODE を観ている間、ほんのそこまでですが、海辺をキューティエイリアンズとポタリングを楽しむことができました。
特に次女は、なんやかんやと文句は言いながらも、皆に遅れまいと必死にペダルを漕いでる姿が印象的でした。

次女ご自慢の補助輪のとれたMiffy bike
b0153871_21192633.jpg

次女は、砂浜でしきりに貝殻を集めては、自転車の前カゴへほりこんでいました。
コレクションは、大切にお持ち帰りしたことは言うまでもありませんw
b0153871_21503963.jpg

長女の自転車、義弟と同じくTREK
ブルーに花柄が、むちゃ可愛いBikeです。
b0153871_21301846.jpg

海を眺めながら黄昏る長女
その小さい背中からかもし出す哀愁は、なかなかのもんです。
b0153871_21325449.jpg

エイリアンズのヘルメット
左の赤が長女、右の黒が次女のもの
長女は、CYCLE MODE のスクールで講師のプロライダー2人にサインを貰ったと上機嫌
後で、CYCLE MODEで貰ってきたCampagnoloのシールも貼ってもらってましたw
b0153871_21354762.jpg

奥のチェレステが、義妹の Bianchi CamaleonteIII
親子でブルー基調なんていい感じ
b0153871_2141878.jpg

[PR]

by atsufly | 2008-11-10 21:54 | Other

自転車の祭典 CYCLE MODE international 2008 - 番外編

CYCLE MODE international 2008 - Part1、 - Part2 と書きこんで来ましたが、これら以外にも写真撮りました。
ただHDDの肥やしにしとくのも、もったいないので、ついでに載せておこうと思います。
格別、Part1,2と大差は無いのでお気楽に^^;

世界選手権・個人ロードレース優勝したアレッサンドロ・バッラン(team ランプレ)の乗った、wilierconto1
フォークがgoldです!
b0153871_20351370.jpg

同じく、wilier のミドルクラス? MORTILOLO 2009モデル
b0153871_20444527.jpg

言わずと知れた DE ROSA KING3
渋いブラックです。
b0153871_20412943.jpg

同じく DE ROSAIDOL
試乗もしました。
DE ROSA らしくカラフルですね。
b0153871_2042662.jpg

cervelo S3 Olympic model
5輪イメージがフレームにちりばめられてます。
b0153871_21441330.jpg

同じく cervelo P3
タイムトライアル用の赤いシングル!
b0153871_20522943.jpg

北京オリンピックロードレースで銅メダル、個人タイムトライアルで金メダルを獲得したファビアン・カンチェラーラ(team CSC-サクソバンク)が乗った cervelo の実車
b0153871_21222053.jpg

ツール・ド・フランス2008で個人総合優勝したカルロス・サストレ(team CSC-サクソバンク)が乗った、またまた cervelo の実車
カンチェラーラにサストレ、CSCにcervelo正に鬼に金棒軍団ですね。
b0153871_2131621.jpg

TREK コンタドール3大グランツール制覇に向けてペイントされたマドンプロジェクトワン
コンタドールの2007年ツール・ド・フランス総合優勝記念モデル
タイガースモデルではありませんよw
b0153871_2055183.jpg

ボストンの小さな自転車ハイエンド・ハンドメード・バイシクル工房 Independent Fabrication のシングルスピード
ホワイトのフレームにピンク(パープル?)のバーテープが洒落てます。
b0153871_2123150.jpg

お洒落なサイクルウェア Rapha のブース
上のIndependent Fabricationとシクロクロス用ウェアでコラボレーションしているようです。
b0153871_216439.jpg

イタリア老舗の MASI COLTELLO
アルミフレームピストにフロントフォークはエアロカーボンフォーク
b0153871_2112636.jpg

同じくMASIのピスト、カラーバリエーション豊富ですね。
b0153871_21192469.jpg

日本でペダルを造り続けて60年、三ヶ島製作所
こうゆうニッチな産業が自転車業界を支えているのです!
b0153871_213129100.jpg

イギリスのCycling誌において、”パフォーマンスバイク・オブ・ザ・イヤー2007”に輝いた
KUOTA KHARMA105
秘かに次はこれぐらいが欲しいなぁ~(願
b0153871_23182436.jpg

2004年と2006年のハワイ・アイアンマンにおいてノーマン・スタッドラー(ドイツ)が優勝をものにした KUOTA KALIBUR
見よ!このブルホーンというかエアロウィングのようなハンドルバー
戦闘機のウィング?
正にアイアンマンだ!
b0153871_2323014.jpg

PINARELLO MONTELLO FM1
ケスデパーニュのバルベルデ、ペレイロ、カルペツ、この3人のために生産されたスペシャルバイク
b0153871_21331791.jpg


とにかく、写真パシャパシャ、それ以外は試乗にいそいそ
全く嵐のような展示会でしたw

blog脈絡もなく長々と載せてしまい申し訳ありません。
最後まで見ていただいた皆様本当にありがとうございました。

もう、しばらくCYCLE MODEネタはないのでご安心をw
[PR]

by atsufly | 2008-11-09 21:55 | RoadBike