靴が片方ずつ違いますが・・・何か?特訓法

先日購入したサイクルシューズの装脱着の特訓です。
blog友達ラムさんが書かれてた練習方法をパクり参考にしました。
名づけて、「靴が片方ずつ違いますが・・・何か?特訓法」
要するにこうです。
ビンディングの難関は、やはり、両足が固定されていることによる"立ちゴケ"に対する恐怖心の払拭です。
そこで、片足は普通のスニーカー、もう片方にサイクルシューズを履いて乗る。
そして、片足ずつビンディングの装脱着の特訓
もちろん失敗しても、もう片方はスニーカー、つまりフリーなのですから怖くありません。
ナイスアイデア(私のではないですけどw)

近くの公園の広場へ行って早速実践です。
まずは、右にサイクルシューズ、左にスニーカー
地面にスニーカー側の足を下ろした状態なので
"着"は、ペダルの表面さえとらえられれば、すんなりカチリ
"脱"も、コケる心配さえなければ、ローラー台で練習してるので、問題ありません。

問題は、その逆
右にスニーカー、左にサイクルシューズ
まずは右スニーカーでペダルを漕ぎ始め、左でペダルの表面を手探りならぬ足探りでとらえながら、カチッ
"着"は、走りながらでも問題なさそうです。
そして、一番の難関、走行しながらの"脱"は・・・

上手くいきました!
やっぱり、いざとなれば、右がフリーなので"足を下ろせる安心感"が余裕を生みました。
左足を走りながら、外側へヒネってクリッと外せました。
コツは、外そうと足を無理に上へ引き上げがちになるのですが、そうではなく、足を地面に対して水平にし、そのまま外へヒネる。
感覚としては、クリートを支点に、かかとまで足ひら?全体を使ってヒネる感じが重要です。と思います。
この状態で、何回か"着""脱"を繰返して、完全に走りながらクリートを外す感覚をつかみました。

後は、左右共にサイクルシューズで、最終試練
もう怖くありません。
全く問題なく、左右共に"着""脱"できるようになりました!

サイクルシューズで実走した感じは、やはり、引き足を使えるってとこがイイ。
加速のし易さと、上りで効果を発揮する感じ。
後、ペダリング時、足の位置が固定されるので、安定してクランクを”回す”って感覚が、これまたイイ
これからクリートのより適正な位置を探らないとね。
地面を歩いた感じは、やっぱりペンギンやねw
これであんまりウロウロはできんな。
クリートカバーつけた方が歩きやすくてええんやろか?

とにもかくにも、初サイクルシューズ、初ビンディングの特訓は大成功でした!
パクらさせて情報をいただけたbolg友達、先人ラムさんに感謝です!
ありがとうございました。

小汚い格好で、失礼w
b0153871_146153.jpg

赤いシューズとOBは、マッチングぅ~
b0153871_1462211.jpg

ペダルにのせたイメージ
b0153871_1462874.jpg

[PR]

by atsufly | 2008-11-15 14:33 | RoadBike