空気を入れてみぃ~ TOPEAK JoeBlow sport

フロアポンプを使った空気入れです。
ロードレーサーバイクの場合、多分どこでも聞く話だと思うけど、タイヤの空気圧はマメにチェックした方が良いとのことです。
適正な空気圧にしておかないと、走りが重くなったり、転倒したり、パンクしたりいいこと無し。
と、shopでおどされたので走行前には割と空気を入れてやります。
我が家で購入したのは、TOPEAKJoeBlow sport
初心者が買う人気モデルらしいです。
余談ですが、某大手ネットショップでこの製品を購入しようとしたら、在庫切れでキャンセルさせられてしまいました。
購入手続きした時はちゃんと在庫ありやったのに!
b0153871_19525234.jpg

フロアポンプ購入のポイントは適正圧まで無理なく入れれる事が大事。
ママチャリのように適当に入れたらええねんって訳にはいきません。
このポンプの場合、最大160PSI(11BAR)まで入れれることになってます。
私のタイヤチューブの適正圧は110PSI(約7.5BAR)なので、まだ余裕があります。
適正圧ってなんぼ?って?
タイヤによって異なりますが、たいていタイヤにxxxPSIとかxxxBARとか書いてるので、それを目安にしましょう。
ほとんどの製品の場合、表記される最大気圧まで入れるのはむっちゃ大変なので、ある程度余裕のある製品を選んだ方が使い勝手が良いと思います。
ちなみに私は男性なので入れちゃえますが、女性である嫁にはかなり大変な作業の様です。
実際、最後まで入れ切れませんでした。
b0153871_195389.jpg

この製品にはポンプの口が2つ付いています。
製品によっては、アタッチメントを変えたりするタイプもあるようです。
手前の灰色の口が、プレスタバルブ用(仏式)。よーく見ると「P」の文字が印字されてます。
その反対黒色が、シュレーダーバルブ用(米式)。こちらには「S」の文字が。
説明書(日本語いっさいなし)にはポンプ口の絵と「Presta」「Schrader」の記載されているのですが、その絵(白黒で同じ形状の口)からはどちらが何用かの区別ができませんw
黄色の固定具を表に左が「Presta」右が「Schrader」とも読めますけどね。
b0153871_1953427.jpg

私の場合、プレスタバルブです。
先ずバルブのキャップを外して、写真のようにバルブ先端のネジを緩めます。
しばらく使ってないと、先端が固着することがある”らしい”ので、
2度ほど先端を押してプシュプシュさせる。プシュプシュは空気が抜ける音。
プシュプシュできない場合は、空気が入りません。
b0153871_19545549.jpg

ポンプ口はバルブにまっすぐにさします。
まっすぐささないと、バルブが曲がったり、空気が漏れたりして入れにくかったりします。
「写真はまっすぐささってないやん!」とか言う人は心が曲がっている人です(嘘
私も初心者なので多少の誤りはお許しください。
b0153871_1955620.jpg

さした後は黄色いレバーで空気が漏れないように固定します。
写真は、レバーを反時計回りにぐりっと約90度弱回した状態。
b0153871_1955162.jpg

後は、適正圧までひたすらポンピング!
ゲージの枠にある赤い三角印はクルクル回して、目印として使用できます。
最初の数回は、割と簡単にポンピングできますが、
80PSIを超える付近からよいしょぉこらしょぉって感じで、力が必要になってきます。
T字のレバーに上半身の体重を乗っけながら押すと入れやすいですよ。
入れ終わった後、手で実際にタイヤの固さを確かめて体で覚えておくといいかもしれません。
人間エアゲージですねw
入れ過ぎないように注意しましょう。
プロなんかは気温とかによっても入れる量を調整するらしいです。
気温が高いと膨張し易いのかな?
私は肝っ玉が小さいので、パッーンってなるのを恐れながら入れてます。
あ、でも固定レバーを戻すと一度プシュッと空気が抜けるので、その分気持ち多めに入れてるかな。
b0153871_19555135.jpg

指定気圧まで入ったら、今までと逆の作業をして完了です。
お疲れ様でした!

おまけーず
出番があるかどうかはわからんが、おまけが付いてきたので、それも紹介しときます。
おまけその1
ダンロップバルブ用(英式)アタッチメント
ママチャリ用って書いてくれw
b0153871_19535537.jpg

おまけその2
黄色いのが浮き輪用、金物で細い口のがボール用アタッチメント
海外では必需品なのか?セットなのが普通なのか謎。
b0153871_195487.jpg

[PR]

by atsufly | 2008-09-07 18:40 | RoadBike